『ドラゴンボールギャルズ』人造人間18号Ver.1【感想・レビュー】

どうも藤です。

今回は『ドラゴンボールギャルズ』というシリーズのフィギュアを紹介します。

その名の通り、ドラゴンボールに登場する女性キャラがフィギュア化されています。

他にもチチやランチさん、ビーデルなんかもあるようです。

今回僕が購入したのは人造人間18。

人生で初めて購入したフィギュアでもあります。

フィギュアは他にも持っていますが、UFOキャッチャー等で取った物ばかりで、自分からあえて購入したのは今回が初めてでした。

『ドラゴンボールギャルズ』人造人間18号Ver.1

パッケージ

正面

パッケージから本体が見えています。

まあ当然か。

本体の写真が載っています。

中身

ねんどろいどの時と同じくプラスチックの容器でフィギュアを挟む形で収納されています。

本体

全体

衣装は原作で初登場した時のものですね。

なぜかこれをAmazonで見つけて欲しくなっちゃいまして購入しました。

原作よりもだいぶ女性のラインが強調されている感じです。

18号実際こんな胸大きくなかったしね。

でも個人的には気に入っちゃってます。

では後ろからも見てみます。

後ろ

うん、やはりラインが強されていますね~。

全体的にエロさがありますね、まあそういう風に作っているんでしょうけども。

正面UP

やっぱり大きいね。

原作漫画は胸元見えてないもんね。

でもなんか見てて気に入っちゃったんですよね~、なんでだろ?

でも個人的に不満もないし購入してよかったと思いますよ。

値段

僕がこの人造人間18号Ver.1を購入した時は7890円でした。

 

実は、『ドラゴンボールギャルズ』の人造人間18号は現時点ですでに3種出ていて、全部購入してしまいましたよ。

近いうちにVer2、Ver3の紹介もしたいと思います。

 

それでは今日はこれで終わりますノシ。